1. ホーム
  2. まちエネコラム
  3. エアコンの電気代っていくら? 節約のためのスマートな使い方もご紹介

まちエネコラム

Column

エアコンの電気代っていくら?
節約のためのスマートな使い方もご紹介

まちエネコラム-こんにちは、まちエネです。暖房や冷房など、季節ごとにエアコンは欠かせない存在ですが、その電気代が気になりますよね。 お家にある家電の中でもエアコンは最も電気代が高いことが分かっています。 今回は、具体的な電気代の計算とエアコンの効率的な利用方法に焦点を当て、家計にやさしい節電の秘訣をご紹介していきます。

こんにちは、まちエネです。暖房や冷房など、季節ごとにエアコンは欠かせない存在ですが、その電気代が気になりますよね。

お家にある家電の中でもエアコンは最も電気代が高いことが分かっています。

参考:家庭でできる省エネ 経済産業省 資源エネルギー庁

今回は、具体的な電気代の計算とエアコンの効率的な利用方法に焦点を当て、家計にやさしい節電の秘訣をご紹介していきます。

エアコンの仕組み

まずはじめに、そもそもエアコンはどうやって冷たい風や温かい風を送っているのか確認してみましょう。エアコンは、冷房と暖房の2つの役割を持っていますが、どちらも冷媒という特別な物質を使って、部屋の中の温度を調整しています。

冷房のとき

  1. 冷媒を圧縮します
    • エアコンが動くと、室内の暑い空気を吸い込み、冷媒と呼ばれる特別なガスがその熱を吸収し、圧縮され液体となります。
  2. 外に熱を出します
    • 圧縮され熱を持った冷媒は室外機により、熱だけを外に排出します。熱がなくなった冷媒は、逆に空気を冷やすことができ、室内に涼しい空気を送ることができます。

暖房のとき

  1. 冷媒を逆に動かします
    • 暖房のときは、エアコンが逆に動いて冷媒の流れを逆にします。これによって冷媒は外の寒さから熱を取ります。
  2. 室内に熱を送ります
    • 外の空気から熱を移した冷媒を圧縮させることで、さらに高温にします。この熱を利用して室内の空気をあたためることができます。

エアコンは、この冷媒の特別な性質を利用して、室内の温度を快適に保ってくれます。

エアコンの電気代

エアコン使用時の温度設定と電気代の関係性

エアコンの電気代は、室温と設定温度の差が大きく影響します。エアコンは室内の温度を調整するために室外の空気と室内の空気を循環させることで動いており、その際に両者の温度差が大きければ大きいほど、多くのエネルギーが必要になります。

具体的な例を挙げると、外の気温が0℃で暖房の設定温度が16℃の場合、温度差は16℃です。一方で、外の気温が35℃で冷房の設定温度が27℃の場合、温度差は8℃となります。

このように、一般的には暖房の方が温度差が大きいため、暖房を使う冬場の方が電気代も高くなりやすい傾向があります。

年間で電気代が高い月はいつなのかは「電気代が高いのは夏or冬?使う電気の量以外にも気を付けるポイント」のコラムでご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

エアコンの除湿機能を理解する

まちエネコラム-エアコンの電気代に関して、除湿機能も影響を与えます。ただし、除湿の電気代は機能によって異なり、「ドライ(弱冷房除湿)」のような湿度を下げるだけの機能は、冷房よりもリーズナブルな消費電力で済む傾向があります。

エアコンの電気代に関して、除湿機能も影響を与えます。ただし、除湿の電気代は機能によって異なり、「ドライ(弱冷房除湿)」のような湿度を下げるだけの機能は、冷房よりもリーズナブルな消費電力で済む傾向があります。

しかし、同じドライという機能の中でも、「再熱除湿」と呼ばれる「温度を下げずに除湿のみを行う」機能を使用すると、電気代が大きく変動します。再熱除湿は湿度を下げるために冷却した空気を再び温めるため、電気代が上昇します。

夏場には、除湿で下げた温度を再度暖めるため、冷房機能と暖房機能を同時に稼働させている状態となり、電気代が高くなりやすいです。

まとめると、「弱冷房除湿<冷房<暖房<再熱除湿」の順番で電気代が高くなる傾向があります。利用する機能によって電気代が変わることを考慮し、適切な設定を心掛けることが節約のカギとなります。

エアコンの電気代はいくら?

エアコンの電気代を算出する際には、「消費電力」と「消費電力量」について理解しておくことが重要です。

消費電力

消費電力は、電気製品を動かすために必要な電力を示し、単位は「W(ワット)」または「kW(キロワット)」です。エアコンの消費電力は「定格消費電力」と「最小~最大消費電力」で表され、それぞれ長時間の安定運転と幅広い電力消費を示します。

消費電力量

一方、消費電力量は電化製品を1時間動かすのに必要な電力量で、単位は「Wh(ワットアワー)」または「kWh(キロワットアワー)」です。例えば、30Wの電化製品を1時間使用すると、消費電力量は0.03kWhです。

消費電力や消費電力量については、「なぜ電気代は高くなったり安くなったりするの?料金の仕組みから安くする方法を知ろう!」のコラムで詳しくご紹介しております。

実際にエアコンの電気代を計算してみましょう

1時間あたりのエアコンの電気代は以下の式で計算されます。

「1時間あたりの消費電力(kW)×使用時間(時間)×料金単価(円/kWh)」

通常、エアコンの消費電力はモデルに依存しますが、ここでは1,000W(1kW)を仮定します。電気料金単価が1kWhあたり30円、毎日8時間ほどエアコンを使用すると仮定しますと、月の消費電力は1kW x 8時間 x 31日 = 248kWh。

月のエアコンの電気代は248kWh x 30円/kWh = 7,440円となります。

1年間で計算する方法:期間消費電力量も参考にしましょう

エアコンの消費電力から電気代の目安を計算する方法を紹介しましたが、注意が必要です。エアコンの消費電力は最小と最大の値に大きな差があり、一定の消費電力だけを使って計算すると、実際の消費電力と合わない結果が出る可能性があります。

なぜなら、エアコンは24時間稼働していたとしても、使用電力量は均等ではなく、状況によって変動するからです。実際の使用パターンや外部環境によって、消費電力が上下することを考慮しなくてはなりません。

そこで、エアコンの電気代の指標となる「期間消費電力量」を参考にしてみましょう。

これは、ある期間内にエアコンを使用して消費した電力の総量を示すものです。通常、この期間は1か月や1年などを指し、単位は一般的に「kWh(キロワットアワー)」で表されます。

期間消費電力量は、各エアコンメーカーが提供する情報であり、一般的には製品のカタログや関連資料に詳細が掲載されていますので、チェックしてみましょう。

電気代を安くするためのエアコンの使い方

それではここから、節約できるエアコンのかしこい使い方をみていきましょう。

暖房の適切な設定温度は?

まずは適切な設定温度について考えてみましょう。暖房の設定温度は何℃がベストでしょうか?

環境省が提案する「ウォームビズ」では、暖房時の室温目安を20℃としています。ただし、これはあくまでも室温の目安であり、必ずしも暖房の設定温度を20℃にする必要はありません。

参考:「ウォームビズ」の実施期間は、11月~3月末までのあと一ヶ月。歩いて体を温めて、「ウォームビズ」を実践しよう!! 環境省

暖房の目安は、室温が20℃になるように調整し、快適で健康に過ごせる設定温度を見つけることです。

また、暖房の設定温度を上げすぎないことが重要です。一部の人が感じる「暖房が効きすぎて頭がボーっとする」状態は、温かい空気が部屋の上部に滞留することが原因と考えられます。過度に高い設定温度は電気代の無駄だけでなく、健康にも悪影響を与える可能性があります。

この問題を解決するためには、暖房を使用する際に扇風機やサーキュレーターを活用し、部屋の空気を効果的に循環させるのがおすすめです。

これにより、熱気が部屋全体に均等に広がり、エアコンの設定温度を適切に保ちながら電気代の節約にも役立ちます。

冷房の適切な設定温度は?

冷房の適切な設定温度は何℃が良いのでしょうか?「クールビズ」と呼ばれる地球温暖化対策の取り組みでは、夏季の室温の目安を28℃としています。

参考:「クールビズ28℃」の真実 多くの人が「○○の○○○○」と思っていた!?環境省

ただし、暖房のウォームビズと同様、この28℃は室温の目安であり、エアコンの設定温度を必ずしも28℃にすることを勧めているわけではありません。クールビズでは、適正な温度(28℃目安)で快適に過ごすためのライフスタイルに注意を促しています。

夏季には窓辺からの西日や家具の配置によって、室内が十分に冷却されないこともあります。人がいる場所の実際の温度を確認するには、気温計などを使用しましょう。

同時に無理をしすぎないように注意する必要があります。体調を崩さない範囲で、室内の温度調整を行うことが重要です。夏季は湿度も高くなるため、除湿機を上手に活用して快適な環境を作り出しましょう。

エアコンの使用を抑えて節約する方法

エアコンの設定温度をうまく調整することで、電気使用量を減らし節約する方法をご紹介いたしましたが、そもそもエアコンの使用を抑えていくことも大切です。

サーキュレーターで空気を循環させる

まちエネコラム-エアコンの設定温度をうまく調整することで、消費電気量を減らし節約する方法をご紹介いたしましたが、そもそもエアコンの使用を抑えていくことも大切です。  サーキュレーターで空気を循環させ効率よく部屋の温度を上げたり、下げたりすることも、快適に過ごしながらエアコンの使用を抑えることができます。

エアコンの電気代削減に効果的な方法の一つは、サーキュレーターの活用です。

サーキュレーターで空気を循環させ効率よく部屋の温度を上げたり、下げたりすることも、快適に過ごしながらエアコンの使用を抑えることができます。

お部屋の断熱効果を高める

またそもそもお部屋の断熱効果を高めることも一つの手段です。部屋の断熱を強化することで夏の暑さや冬の寒さを抑え、エアコンの使用を削減し快適な生活を実現できます。

窓やドアの隙間を遮断し、断熱性の高いカーテンやブラインドを利用することで、外気の影響を軽減できます。また、屋根や壁に断熱材を使い、外部からの気温変化を防止しましょう。

さらに植栽や遮熱フィルムを組み合わせることで、エアコン使用の頻度を減少させ、電気代も節約できます。手軽な断熱対策から始め、快適な室内環境を実現しましょう。

エアコンを省エネモデルに買い替える

まちエネコラム-経済産業省資源エネルギー庁のデータによれば、2008年と2018年を比較すると、エアコンは10年前のものと比べて約17%の省エネ効果があると言われています。  年間の消費電力量としては、2009年では978kWh/年でしたが、2019年では811kWhとされています。  電気代の従量料金単価が30円/kWhと仮定すると、2009年のモデルでは年間29,340円、2019年のモデルでは年間24,330円と差が出ていることになります。

経済産業省資源エネルギー庁のデータによれば、2009年と2019年を比較すると、エアコンは10年前のものと比べて約17%の省エネ効果があると言われています。

年間の消費電力量としては、2009年では978kWh/年でしたが、2019年では811kWhとされています。

電気代の従量料金単価が30円/kWhと仮定すると、2009年のモデルでは年間29,340円、2019年のモデルでは年間24,330円と差が出ていることになります。

年度年間消費電力量(kWh/年)電気代(30円/kWhの場合)
2009978kWh29,340円
2019811kWh24,330円

参考:家庭向け省エネ関連情報 機器の買換で省エネ節約 経済産業省資源エネルギー庁

古いエアコンをお使いの場合、最新の省エネモデルに買い替えることで、電気代削減の大きなメリットが期待できます。

電力会社の見直しも効果的な節約になります

省エネ性能の高いエアコンを導入したり、使い方を工夫することで電気代を削減できますが、買い替えには一定の費用がかかります。そこでおすすめなのが、手軽で簡単な電力会社の切り替えです。

さまざまな電力会社がライフスタイルごとに異なる料金プランを提供しています。各家庭に合った料金プランを提供している電力会社に切り替えて、電気代の節約を目指しましょう。

まちエネでもお昼の電気代がおトクなデイタイムバリュープランなど生活に合わせた料金プランをそろえておりますので、ぜひチェックしてみてください。

コラム一覧を見る